宝塚歌劇団 星組  紫苑 ゆうさん時代を連想しました。礼真琴さん 2

 少し間が空きました(笑)

 礼 真琴 さんは率直に言って完成度の極めて高いタカラジェンヌさんである事は誰もが認めるところでしょう。

 しかし、それだけでは物足りない・・・・という事を恐らく 礼真琴さん自身が自覚されているのが

完成度が高いだけではない

とい礼真琴さんの凄さだろうと思います。以前スカイステージで宙組の 和希そら さんと対談されていた時に「ここまで自覚的というのはとんでもなく凄い」と思いました。一語一句間違えていないとは言いませんが、こういう内容です。

楽譜をもらったら、パッと歌えちゃう 。 歌が歌えるから感動するかというと、そうではない

 正直な所、礼真琴さんのトップ+舞空瞳さんという首席コンビが発表された時に、私の感想は

 確かに娘役さんの充実は凄いけれども、ベテラン男役が天寿光希さん、二番手候補が瀬央ゆりあさん、その次が極美慎さんでは正直「完成度は高いけれども・・・・」とならないか心配をしていたのですが、星組のプロデューサーの意向なのか宝塚歌劇団の意向なのか、 礼真琴さんの意向なのか分かりませんが、 礼真琴さん とはあまりに持っている個性が違いすぎる超個性派ジェンヌさんの愛月さんを星組に迎えるとは思いませんでした。アルジェの男を見たときに

礼真琴さん+愛月さんという組み合わせは凄い!

と私だけはなく思ったはずなのですが、本当に星組に異動させるとは思いませんでした。愛月さんの星組移動は宝塚のカレンダーやスカイステージの番組を見る限りでは、星組や 礼真琴さん の強い希望なのだろうと思います。

  礼真琴さん と愛月さんはこの公演でも相性は素晴らしく、お互いに持っていないものを持っているという印象でした。

これは私にとっては最大限の誉め言葉ですが

紫苑ゆうさん+白城綾香さん+麻路さきさん+ 稔幸さんを思い起こさせる新生星組でした。

投稿者プロフィール

maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA