α7Ⅱ購入 4 スーパータクマ―55mmF1.8を使用する

 フルサイズミラーレスの楽しみ方として、オールドレンズの使用があります。

今回使用したのはこれ

オールドレンズとして超有名と言えるペンタックス(現リコー)のスーパータクマ―Super Takumar 55mm F1.8 です。マルチコーティングもなされていないレンズです。あまり詳しくはないのですが、スーパータクマ―55㎜にはいくつかタイプがあり、このレンズは多分前期型だと思います。

 もともとペンタックスはM42レンズをKマウントに取り付けるアダプターがありますから、使えはしたのですが、APS-Cで使うと大体82㎜位となり、35㎜で85㎜レンズの画角に近くなるのでちょっと使いにくかったんですね。

 後に紹介するマクロタクマ―も使っての印象ですが、α7Ⅱでスーパータクマ―系のレンズは露出がアンダーになりがちのようです。ミラーレスのファインダー内にヒストグラムを表示できるのを知ったので露出補正をうまくかけられるようになりましたが(笑)

 以下朝焼けの中で撮っています

 逆光などでは盛大にフレアやゴーストが出るレンズです。

 でもこれはこれとして味があると思います。

ただ、現代のレンズに比べると「二線ボケ」も出るレンズです。

但し、こういう「味」は現代のレンズでは得難い描写ですし、一段絞るならそこまで背景の乱れも無いように感じます。

投稿者プロフィール

maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA