フィルムカメラ再始動~EOS630

レンズはお借りしているキヤノン50㎜F1.4

キヤノンのEFレンズをソニーEマウントで使い始めました

キヤノンEFレンズをEマウントで使用する~シグマ マウントコンバーター MC-11

王者キヤノンの誇るEFマウントレンズは世界最多の出荷数を誇り、魅力的なレンズも数多い上に、中古の品も多く値段もこなれています。 https://global.canon/ja/news/2021/…

この記事を書いていてふと思った事

EFレンズを増やすなら、フィルムEOSさえあればレンズ投資なしでフィルムカメラ始められるんじゃない?と

フィルムをやるならモノクロを

フィルムカメラを再使用するならモノクロと決めていました。カラーネガを否定するわけではないのですが、デジタルメインでフィルムカメラも使うならフィルムカメラはモノクロかなと思っていました。

もちろんデジタル画像にグレースケールをかける方法などでモノクロ化は可能なのです。しかし、モノクロに限って言えば、カラー画像をモノクロ化したものよりも、モノクロフィルムをスキャンした画像1が圧倒的に好みでもありました。

という事でフィルムEOSのEOS630がやってまいりました

いつもお世話になっている方(デジタルはα7Ⅱのみで、銀塩モノクロメインの方)にMC-11など一式をお貸ししたお礼としてEOS630を譲っていただきました!

接眼部は視度補正レンズに交換しました。

デジタルカメラを持つ前はAPSのフジコンパクト機、その前はニコンのMF一眼レフ、その前はオリンパスのレンジファインダーだったので、実はAFの効くレンズ交換式というのは初めてで、レンズ交換式のキヤノン機も実は初めてなのです。

ミラーレスの操作系やファインダーに慣れてしまっていたので、フィルム一眼の操作系は最初戸惑いました。ネット上の情報なども参考にしつつなんとか大まかな操作系を把握。

一番戸惑ったのがここです。AF-SとAF-Cをここで切り替えるんですね。

このEOS630にはオートモードが装備されており、オートモードではシーンモードを選択できるようです。本来ふたの表面にオートモードのシーンが書かれたシールが貼られていたようです。

動作の感想

以前使っていたペンタックスの初期デジタル一眼のK-100Dに比べてもAFは速い!レンズ内モーターの超音波モーターなのだから当たり前かもしれませんが、ちょっと衝撃的。カメラの性能としては全く問題ないものだと思います。

モノクロフィルムはまずはこれを

カメラ用フィルムは全体にかなり高価です。特にモノクロフィルムでは超有名なコダックのトライX(400TX)は1000円を軽く超えています。

ヨドバシカメラだと1500円位という驚愕の高さ。なので、まずは比較的安価なイルフォードHPを使う事にしました。ヨドバシカメラで880円也。

投稿者プロフィール

maido
maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。
  1. プリントせず、モノクロネガをスキャンしてモノクロポジへの変換を行ったもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA