タムロン 28㎜-75㎜ F2.8 G2 A063 Eマウント標準ズームを買った話

タムロンの新しい標準ズーム28㎜-75㎜ F2.8 G2 A063を買いました。

Eマウント標準ズームを買おう

昨年ペンタックスKマウントからソニーEマウントに変更しました。

ソニー フルサイズミラーレス α7Ⅱ 購入 1

ソニー フルサイズミラーレス α7Ⅱを購入しました。 模型撮影専用としては電波式のワイヤレスストロボシステムを導入したのですが、このシステムを導入するとコマンダー…

α二台体制へ

α7Ⅱを購入したのは以前書いた通りです、 ソニー フルサイズミラーレス α7Ⅱ 購入 1 模型撮影用に運用していたペンタックスK-70も使い続けるつもりだったのですが、K-7…

マウント変更というのは資金的にもなかなか大変なのもあり、標準域ズームレンズ導入を先延ばしにしていました。結局AFが効くレンズは35mmF1.8だけでほぼ一年過ごしました。模型撮影ではα7rⅡのティルトアダプターとペンタックスの50㎜マクロを35mm/APS-C切り替えつつ使う事でほとんど事足りていましたし、持ち出すならRX100M3もあるので、とりあえずズームはこれでいいやというのもありましたしね。

結局標準ズームは年初からずっと検討していたのですが、なかなか決め手がなかったのです。もちろん高倍率ズームなども魅力なのですが、私の撮影だと現状35㎜~70mm位で90%以上という感じなので、高倍率よりは明るさと画質を取りたかったのです。

ソニーEマウントはサードパーティレンズも数多く出ているマウントで、2021年8月の時点で標準域ズームだけでもソニーが5本

SEL2470GM F2.8

SEL2470Z F4

SEL24105G F4

SEL2860 F4-5.6

SEL2870 F3.5-5.6 OSS

タムロンが1本

28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)

シグマが2本

24-70mm F2.8 DG DN 

28-70mm F2.8 DG DN

これだけ出ています。

大三元の標準ズームを買おう!

カメラ用語として「大三元」というものがあります。全域F2.8のズームレンズの事です。ちなみに全域F4のレンズを小三元と呼びます。大三元レンズは高品質で写りも良いのが特徴です。

上に上げた中で全域F2.8はソニーで一本、タムロンとシグマから1本ずつとなります。

他の条件

1 最短撮影距離は30㎝以下

2 ズームリングはソニーやペンタックスと同方向回転

3 ボケ云々よりまずはシャープな写り

4 重量はできればカメラと併せて1キロちょい位。

5 レンズにボタンが欲しい

正直この条件を満たすものが2021年8月時点では存在していなかったのです。重量と回転方向を妥協すれば、

シグマの 24-70mm F2.8 DG DN 

ボタンを妥協し、 24-70mm F2.8 DG DN  より周辺部で若干シャープさが落ちる事を妥協するなら タムロンの28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) と思っていました。

タムロンからまさかの2型発売

この状態で、タムロンから

28-75mm F/2.8 Di III VXD G2

発表になりました。既にyoutubeなどでも数多くレビューが上がっていますが、私の欲しい標準ズームとして理想的な性能を持ちつつ10万円を切っているのですぐさま予約しました。

最短撮影距離

フードの中まで被写体が入ります(笑)。

作例紹介

作例を何枚か、実にシャープ、軽くて、寄れて10万円切っています。買ってよかった!

75㎜ F10
28mm F10
75mm F2.8
APS-Cクロップ 75㎜(35㎜換算105㎜) F16

投稿者プロフィール

maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA