大井川鐵道の旅2(プラザロコ&SL到着まで)

新金谷駅で下車してプラザロコに向かいました。

 この中には「いずも」などのSLが展示されています。

またレトロな駅舎のレプリカも展示されています。

 私はペンタックスのK100Dをぶら下げていたので、何人かにカメラを渡されて写真撮影を頼まれたりしました(笑)、外人さんにも頼まれたりしました。「イッツ、リーズナブル」のレベル(謎)の「怪しげな英語」で会話したり撮影のタイミングを伝えたりしました(笑)
 売店で弁当などを購入し、新金谷駅へ戻りました。SLの乗客は直前の電車の出発後にホームに入れる事になっていますので、外側より本日の牽引機のC10 8号機を撮影しました。


 C10 8号機は昭和5年製造の現存する唯一のC10系ですが、大井川鉄道所有のSLでは最も調子が良いようです。この日はSL急行は最大増結の6両の客車を牽引するため、C10単機では、大井川鉄道の急勾配を登りきれない(3両牽引までは単機で登れる)ので、最後尾に「666」じゃなかった、補機のEL10系を連結しています。
 最後尾の補機というのは、「銀河鉄道999」の「化石の戦士」の回で、脱線故障した脱出できなくなった999の救援機として666が到着、666が999の最後尾に連結され、バックで間一髪脱出する回で「最後尾に連結する機関車」を知りました(笑)
 そして、SL急行「かわね路号」の直前の電車が新金谷に到着、SL急行が金谷へと回送されていきました。


 金谷駅方向です。
 私の指定座席は最後尾車両というのもあり、SL接近を撮ってやろうと、ホーム最後備に移動します。
 そして、金谷駅をSLが出発する時刻になりました。金谷駅と新金谷駅はあまり離れていないので、汽笛が聞こえてきます!ワクワク!!!!!

 次回SL乗車編です

投稿者プロフィール

maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA