小松左京 首都消失

 30ん年ぶりに読みました。読んだ当時は中学生でした。

今読んでもハッとさせられる事の多い小説です。

コロナの中で否応なく変化していく生活の中で読むと、小松左京って凄いと思いました。

 中学生当時気がつかなかったんですが、今流行りの学術会議が出てきたり、マスコミと政治の関係、軍事と外交など考えるきっかけを沢山与えてくれました。

にしてもこのKindle版は誤植多いです(*_*)

投稿者プロフィール

maido
模型工房M代表。
模型好き。カメラ好き。宝塚歌劇好き。
各模型雑誌で掲載多数。
艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA